OCとLEPの違いについて解説するよ!低用量ピルには、どんな種類があるの?

今回は、低用量ピルのステップ。
どんな種類があるの?について説明していきます。

 

低容量ピルとは?については、こちらから。

 

 

低容量ピルにも2種類あるの、知ってる?

低用量ピルといっても目的(診断)の違いによって

ピルの種類
  • LEP(エストロゲン・プロゲスチン)
  • OC

この2つがあります。

 

治療目的のLEP(エストロゲン・プロゲスチン)

まずは、こちら。

私(ナースあさみ)が飲んでいるルナベルLD
LEP(エストロゲン・プロゲスチン)と呼ばれるもので
PMSや月経困難症の治療のための薬剤です。

そのため、この薬は保険適応となっています。

これはルナベルLD

 

 

もちろん避妊の効果もありますが、本来の目的は治療です。
詳細はこちらのリンクからどうぞ。

LEPの中にはルナベルの他に

  • フリウェルLD
  • フリウェルULD
  • ヤーズ
  • ヤーズフレックス
  • ジェミーナ

という薬剤もあります。

 

避妊目的のOCOral Contraceptives

もう1つ。

避妊目的の薬剤として経口避妊薬(OC)があります。

これはラベルフィーユ28

 

開けるとこんな感じ。

他にも

などがあります。

保険適応なのか
保険適応外なのか
気になる人は下記の表を参考にしてみてください。

http://www.jsog.or.jp/news/pdf/CQ30-31.pdf
125pより引用)

ただ、一番確実なのは医師に尋ねること!

怖がったり、不安に思ったりしないで
自分から聞いてみてくださいね。

 

参考文献

ナースあさみ

看護師
ナースあさみ

この記事を書いた人

看護師10年目のアラサーナース。消化器外科内科6年、整形・内科混合病棟4年目。医療倫理や緩和ケアも好き。低用量ピル服用も10年目。特にトラブルなく過ごしています。