たかがタバコ、されどタバコ低用量ピルを飲む人が、禁煙を推奨されるワケ

ていよ禁煙してください。

ピルの服用を始める時に必ず言われるこのセリフ。

もちろん、多くの低容量ピルに記載されていますが
なぜ禁煙しないといけないのでしょうか。

今回は、この件について説明していきます。

 

そもそも喫煙すると、身体にどういう影響があるの?

タバコは税金が高いにも関わらず、依存性もあることからなかなか辞めるのが難しい嗜好品。

喫煙者の中には、禁煙しようと思って頑張った結果ストレスが増大し、また喫煙に戻ってしまうケースもあります。

喫煙のメリット、喫煙のデメリット、その他影響に関してはこちらの記事を参照してください。

 

どうしてピルを内服する時は、禁煙が推奨されるの?

では、本題に入っていきましょう。

タバコを吸うと血管がキュっと縮みます。

低用量ピルを内服すると、さまざまな影響によって血液が固まりやすくなります。
ちなみに、固ってしまった血液の塊を血栓(けっせん)といいます。

ただでさえ、ピルの内服によって血栓症のリスクがあがってしまうのに
喫煙することで血管がキュッと縮まると、さらにそのリスクを高めてしまうのです。

ドロドロ血液が細い道を通ると思ってください。

詰まってしまうリスクが上がると思いませんか…?

 

補足しておくと、血栓が生じてしまった状態を血栓症と言います。

血栓症はDVT(深部静脈血栓症)をはじめ、様々な病気を引き起こす可能性があります。

できた血栓が血液にのって体内に飛び、うっかりどこかで詰まってしまったら…
みなさんよく聞く、脳梗塞、心筋梗塞、肺塞栓という病気になってしまうんです。

 

だから、禁煙してほしい

このように、重篤な病気へのリスクを増大させるだけの喫煙。
ましてや、ピルを内服していたらなおさらそのリスクが上がります。

だから、禁煙してくださいと言われるのです。

 

参考文献

ナースあさみ

看護師
ナースあさみ

この記事を書いた人

看護師10年目のアラサーナース。消化器外科内科6年、整形・内科混合病棟4年目。医療倫理や緩和ケアも好き。低用量ピル服用も10年目。特にトラブルなく過ごしています。