もしものために、わたしのために緊急避妊薬(モーニングアフターピル)は、低用量ピルどう違うの?

低用量ピルが計画的に避妊をコントロールするものだとしたら、緊急避妊薬(モーニングアフターピル)には応急処置的なニュアンスがあります。

 

緊急避妊薬って、どういう時に飲むの?

  • 避妊に失敗した
  • コンドームに欠陥(破ける、外れる)があった
  • レイプや性暴力などの被害に遭ってしまった

こういう場合に内服すると妊娠を防げるというものです。
その効果は約99%、早くのめばのむほど効果的と言われています。

しかし、残念ながら100%ではありません。

これらの薬は、排卵を遅らせたり、子宮内膜を変化させて着床(受精卵が子宮内膜にくっつくこと)しにくくする効果があります。

ノルレボエラワン(日本では未承認)という薬がスタンダードな印象です。

 

緊急避妊薬って、いくらくらいかかるの?

これらの薬は保険適応外です。

厚生省の中の人の気持ちをやや下品にトレースすると

いやいや、コンドームだけじゃなくいろんな方法で避妊することができるんだから、医療保険適応外に決まってるでしょ。
避妊の失敗は、病気じゃないよね?

ってことなんだと思います…。

各医療機関によって異なりますが、ノルレボの値段は15000円前後。
ジェネリック薬でも10000円ほどかかるところもあります。

他にも、海外の薬やヤッペ法もありますが

  • ノルレボが高いけど副作用が少ない、厚生省の認可あり
  • ヤッペ法は安いけど副作用の出現する確率が高い

安いことには理由があるので、ご自身の優先順位と医師の説明を聞いて、選択してみてください。

 

頼りすぎに注意!

この、緊急避妊薬。

いずれにせよ、そんなに安くない金額ですよね。

仮に、ノルレボを内服したとしても避妊の効果は100%ではありません。
妊娠する可能性もあります。
(1〜2%だと言われています)

妊娠した場合

  • 産むかどうかの判断
  • 妊娠を継続するための覚悟
  • 明確に中絶する意思

これらが必要になります。

自分の身体と心を消耗しないためにも、緊急避妊薬を何度も使用することはおすすめできません。

最初にいいましたが、あくまでも応急処置

応急ではなく、毎日の低用量ピル内服やコンドームの適切な使用によって、自分をケアできる女性が増えることを願っています。

ナースあさみ

看護師
ナースあさみ

この記事を書いた人

看護師10年目のアラサーナース。消化器外科内科6年、整形・内科混合病棟4年目。医療倫理や緩和ケアも好き。低用量ピル服用も10年目。特にトラブルなく過ごしています。