女性に多い貧血について解説!女性に多いめまいや立ちくらみって、貧血なの?

細くて、色が白くて、かよわそうな女子。
ドラマや小説にこういう女性ってよく出てきますよね。

でも、このめまい、立ちくらみ、顔色が悪い…
いわゆる貧血の症状と呼ばれるものですが

病気としての「貧血」とはちょっと異なります。
実は、症状=病気ではないのです。

 

貧血症状がある=貧血だとは限らない

糖尿病がいい例。
病気が進行していても、なかなか症状にあらわれません。

血糖値が高くて視力が落ちたり、腎臓の機能が落ちたり、足の循環が悪くなるのは、病気が進行したずっとあとに症状として出現します。

実は、貧血も一緒なんです。

貧血とは、血液の中にあるHb(ヘモグロビン)が少ない状態のこと
女性の場合、12(g/dl)を切ると貧血(鉄欠乏性貧血)と診断されることが多いです。

そのため、厳密に言えばHbが低いからめまいがする・立ちくらみがするなどの症状が出現すると、一概には言えないのです。

ここでHb(ヘモグロビン)について、もう少し詳しく説明していきます。

 

Hb(ヘモグロビン)ってどういうはたらきがあるの?

貧血を調べるためには、採血でHb(ヘモグロビン)という物質の量を調べます。
Hbは、全身に酸素を送るために欠かせない物質。

Hbが少なくなると

→全身に行き渡る酸素の量が減る
→酸欠で苦しい
→めまいや立ちくらみ

といった症状を引き起こしやすくなります。

酸欠っていまいちピンとこないかもしれませんが、全力疾走したあとのあの感じだと思ってもらえればOK。
とてもしんどい。

ちなみに、Hbの一般的な値は
女:12前後
男:14前後

と、言われています。

手元に健康診断の結果がある方は、採血の項目を見直してみてくださいね。

 

貧血は突然起こるものではない

貧血の主な原因は

・出血(生理などで物理的にHbが下がる)
・鉄分不足(Hbの材料となる鉄分が少ない)

です。

ということは、事故にあって大量出血でもしない限り、いきなり貧血になることはないんです。
多くの人が、生理やがんによる消化管からの出血、鉄を吸収できない何らかの状態になって、じわじわと貧血が進んでいきます。

ちなみに、私が今まで出会った患者さんの中で、一番Hbが低かった人はHbが3(g/dl)でした。
(生きているのが不思議なレベル)

でも、ご自身で歩いて外来までこられてました。
当の本人は、貧血の自覚症状がまったくなかったのです。
じわじわと症状が進んでいたため無自覚でした。

もちろん、その患者さんは即日入院、緊急輸血を実施していました。

 

めまいや立ちくらみ=貧血じゃないの?

たしかに、貧血症状で多いのは上記のこのふたつ。

ですが、これらの症状って低血圧でも起こる症状なんです。

この場合、貧血が原因で起こる症状ではなく、低血圧によって脳へ届けられるべき血流量を保持できず、めまいや立ちくらみを引き起こすメカニズムとなっています。

めまいや立ちくらみといった結果が同じでも、その原因と辿るプロセスが異ります。

症状が強い場合には、貧血なのか、低血圧なのか、その他の原因なのかを知る上でも、医療機関の受診をおすすめします。

 

貧血への対処方法は?

  • 鉄分の多い食品を多く摂る
  • 鉄剤を内服する
  • 重度の貧血の場合は、輸血をすることもある。

ただ、貧血への対応の前に

・がんのせいで貧血症状を呈している
・自己免疫性疾患などによって血球が全体的に低値

こう言う場合には、そちらの治療が優先されます。
命の危機に晒されているからです。

そちらの治療の結果に伴い、貧血症状が改善していくこともあります。

 

まとめ

女子に多い貧血について解説しました。

実は、低血圧だった、ひいては自律神経失調症だったなど、原因が違う場合も多々あります。

そのため、同様の症状が出現した時に、本当に貧血なんだろうか?という視点を持てると強いと思います。

仮に、貧血の診断を受けても対処法や解決法はあります。
生活の中で改善できることから、はじめていきましょうね。

 

参考文献

ナースあさみ

看護師
ナースあさみ

この記事を書いた人

看護師10年目のアラサーナース。消化器外科内科6年、整形・内科混合病棟4年目。医療倫理や緩和ケアも好き。低用量ピル服用も10年目。特にトラブルなく過ごしています。